相変わらず

何故かまだ短大に通っている。1年の頃からずっと友達がいなくて授業も全てがつまんなくて苦痛で死にたかったはずなのに。結局私は辞める勇気も覚悟もなく、ただただ耐えて貴重な18〜20才の時間を無駄にする。だけど、そもそも親にこの短大に無理矢理入らされなかったら私はずっと家で引きこもってたかもしれない。でも、私にとっては短大に通って苦痛に耐えて時間が過ぎるのを待つよりも、家に引きこもって自由に寝たり漫画を読んだり絵を描いたり料理をしたりした方が有意義に感じる。世界一人間が向いてないと思う。


とにかく私は何もしたくない。学校に通いたくもないし、働くのはもっと嫌だ。なんでこれが甘えになるのか分からない。生まれたくて生まれた訳じゃない。「生きてるだけでいい」って誰かに言って貰いたい。死にたい。