自己暗示

最近辛いことがあったり辛いことがある前に「大丈夫大丈夫…怖くない…」と自分に暗示をかけるのが日課になっている。自分で自分を励ましても虚しくて余計泣きそうになったりもするけど少〜しだけ効果がある。何もしないよりはいくらか心が楽になるような気がする。

 

例えば私が一番嫌いなゼミの講義の前とか、ペアワークやグループワーク、ディスカッションがある講義の前とか。色々。

 特に精神的に追い込まれてる時は心の中で実際に声に出して「大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫大丈夫…」とずっと唱えていたりする。

 

短大は面白い講義は一つもない。つまらない講義か嫌いな講義、辛い講義しかない。

 

普通の四年制大学なら500名〜1000名くらい?居て1人で行動してる人もそれなりに居るんだろうけど、私の短大はめちゃくちゃ小規模で小学校よりも小さい感じだしクラスも40人いかないくらいで、1人行動している人は1人も居らず、1人で居るとすごく浮いてしまう。大教室も滅多に使わないし教室も高校並みに小さくて2人席だし1人で座っていると目立つしとても落ち着かない。

 

大学に行ってもどっちみち浮いてたんだろうけど、このクソみたいな短大よりは確実にマシだと思うから大学に行きたかったな。就職までに四年もあって時間にも余裕があるし人数も多いから1人で居ても浮かないだろうし広い大教室も頻繁に使うんだろうな。いいな。

 

結局、人とまともな関係築ける人間だったらどこに居ても楽しいと思うし、私みたいな人と上手く関われずに浮いてしまう人間はどこに行っても辛いし苦しいと思う。何やってもダメ。

 

本当になんでこうなっちゃったんだろうな。悲しくて辛くて泣けてくる。全然大丈夫じゃない。